ドッグフードを吐く原因と対処法

ドッグフードを吐いてしまう原因

ワンちゃんを飼っていらっしゃる方の中には愛犬がドッグフードを吐いてしまうという経験をされた事があると思います。

 

不安に感じるかもしれませんが、実はワンちゃんが吐くという事はよくあることなのですよ。

 

少しでも不安を取り除くために、ワンちゃんが吐いてしまう原因を紹介したいと思いますね。

 

 

いくつか状況が考えられると思うのですが、まずは食べた直後にフードの形がそのままで吐いてしまう時の場合です。

 

その場合はフードを急いで食べてしまったせいでフードがしっかりと通過せず、戻してしまう場合もあります。

 

その場合は早食い防止の工夫がされてあるお皿を使い時間をかけて食べさせたり、少し面倒かと思いますが、少量ずつ分けてゆっくり食べさせるなどの対策をしてみてください。

 

好きなものがあると一心不乱に食べてしまう子もいるので控えめにしたり、消化の良いフードに変えてみるなどの工夫をすることで対策ができますよ。

 

 

また、食べすぎも吐いてしまう原因になります。

 

ドライフードだと量が少ないように見えますが、お水を飲んでしまうとフードが膨らむので、胃が苦しくなって吐いてしまう事があるのですね。

 

その場合は少量でカロリーをとれるフードに変えたり、同じフードを回数を分けて少量ずつ食べさせるというような方法があります。

吐いた場合の対処法

吐いた直後は胃の中がもやもやしているので、すぐに食べ物を食べたり水を飲んだりすると胃に刺激を与えてしまい、何度も吐いてしまう可能性もあるのでしばらくはフードもお水も控えてください。

 

また、何度も吐いてしまうと脱水症状に陥ってしまう可能性もあります。

 

食べた直後に吐いたのであれば心配はないのですが、1時間以上たってからあまり消化されずに吐いてしまった場合や何度も吐いてしまっているような状態の時は消化器官が弱っている可能性があるので動物病院にかかった方が良いでしょう。

 

時間がたってからある程度消化された状態で吐いてしまった場合は胃腸や腎臓、肝臓などに病気がある場合があるので吐いた後にぐったりして元気がないというような様子があれば早めに病院に行きましょう。

 

他にも嘔吐したものに血が混ざっていたり茶色い液体が混ざっていたり、黒っぽかったりといったようないつものフードの色と違うような色の嘔吐物を出した場合も早めに病院に行くようにした方がいいです。

 

 

犬が吐いてしまうのは珍しいことではありませんが、不安に感じるようなことがあるのなら獣医や専門の知識を持っているところに相談するのがいいですよ。

 

このサイトでおすすめしているモグワンではフードに関する相談もすることができるので、わざわざ病院に行かなくても気軽に相談することができます。

 

不安に感じているけれども、病院に行くまでではないかなと感じている場合はこういった制度を利用してみてくださいね。